てんかのパワプロ雑感

パワプロで選手投稿したりするブログ

速球中心と変化球中心②

緑特能どこまで効果あんねんという話第2弾です。

前回→速球中心と変化球中心

前回は変化量が2・5・5の山本由伸で検証しましたが、今回はカット3・スラーブ2・フォーク7の千賀で検証します。山本とは違い1球種だけ変化量が多いですが投球比率にどこまで変わってくるのでしょうか。

千賀には〇〇中心の緑特能がついていないのでまずはそのまま見ていきます。f:id:tenka-pawa:20230108165602j:image
f:id:tenka-pawa:20230108165620j:image

まぁそんなもんですわな。ストレートの比率に関しては55%と山本の時とほぼ同じ。各変化球も大きくバランスが変わってるわけでも無さそうです。特に変化量7だから使いづらいとか2〜3は良く使うわけじゃ無さそうですね。

 

速球中心と変化球中心をつけた場合は一気にいきます。

f:id:tenka-pawa:20230111145846j:image
f:id:tenka-pawa:20230111145849j:image

f:id:tenka-pawa:20230111160306j:image
f:id:tenka-pawa:20230111160314j:image

はい。特に山本の時と違う点は無さそうですね。ただここでひとつ疑問が。今はペナントの高速試合で見てるんですけど、通常試合のCOMってもっと変化球投げてこない?

というわけで変化球中心をつけてみて出番試合をオートで見てみたいと思います。時間がかかるのでとりあえず3・4月分です。

f:id:tenka-pawa:20230111172545j:image
f:id:tenka-pawa:20230111172549j:image

やっべぇ。同じペナントモード内でもこんなに変わるものか。試合方法変えるだけで別ゲーになってます。逆に高速試合で配球バランス変える意味ってあるんですかね?

細かく見ていくと各変化球の割合はモロに変化量に比例しています。フォークの割合がえらいことになってます。

他のことやりながら眺めてたんですけどスタミナの減りが早かったです。やっぱり変化球を多く投げてるからでしょうか。球数・イニング共に高速試合の時より少なくなってました。っていうか本当にスタミナAかっていうくらいイニング食えないです。

今回で分かったこと
  • 高速試合では基本のストレート率は55%前後。
  • 変化球中心では45〜50%くらい。
  • 速球中心では70%超え。
  • 高速試合でのオートと通常試合でのオートの投球配分は全くの別物。
  • 通常試合オートでは変化量に依存した投球配分に。緑特能の影響も大きくなる。

オーペナで変化量1が弱く感じるのってこういうところにあったんですね。この分だと通常試合オートの時はノビやシュート回転もおもいっきり関係してきそうですね。

次からは通常試合オートでの投球配分を調べていこうと思います。