てんかのパワプロ雑感

パワプロで選手投稿したりするブログ

記事一覧

このブログをご覧いただきありがとうございます。筆者のてんかと申します。

このブログはパワプロで作成した選手を紹介したり、遊んでて感じた事などを書いていくつもりです。

大体の作成選手は下の作成選手一覧に、獲得調査情報が出ている助っ人候補は新助っ人候補一覧にまとめています。

作成選手一覧-MLB

作成したMLB選手の一覧です。各ポジション内の並び方は再現年度→作成順です。

まとめたチームはこちら→MLB作成選手お試しチーム

査定基準の云々はこっち→MLB選手査定感

【starter】

オールド・ホス・ラドボーン(PRO 1884)

ボブ・ギブソン(STL 1968)

川上憲伸(ATL 2009)

ティム・ウェイクフィールド(BOS 2009)

ダラス・ブレイデン(OAK 2010)

コービン・バーンズ(MIL 2021)

トレバー・ロジャース(MIA 2021)

フリオ・ウリアス(LAD 2022)

パトリック・サンドバル(LAA 2022)

メリル・ケリー(ARI 2022)

マックス・フリード(ATL 2022)

シェーン・マクラナハン(TB 2022)

スペンサー・ストライダー(ATL 2022)

ジャスティン・バーランダー(HOU 2022)

サンディ・アルカンタラ(MIA 2022)

マーカス・ストローマン(CHC 2022)

ローガン・ギルバート(SEA 2022)

千賀滉大(NYM 2023)

マディソン・バムガーナー(ARI 2023)

ブライス・ミラー(SEA 2023) 

ユーリー・ペレス(MIA 2023)

菊池雄星(TOR 2023)

ドミンゴ・ヘルマン(NYY 2023)

藤浪晋太郎(OAK 2023)

ルーカス・ジオリト(LAA 2023)

マット・ウォルドロン(SD 2023)

ルイス・カスティーヨ(SEA 2023)

ローガン・ギルバート(SEA 2023)

ブライス・ミラー (SEA 2023シーズン終了後)

ブレイク・スネル(SD 2023)

ゲリット・コール(NYY 2023)

シェーン・マクラナハン(TB 2023)

大谷翔平(LAA 2023)

クレイトン・カーショウ(LAD 2023)

前田健太(MIN 2023)

ダルビッシュ有(SD 2023)

千賀滉大(NYM 2023 シーズン終了後)

【reliever】

マリアノ・リベラ(NYY 2013)

タイラー・ロジャース(SF 2021)

ライアン・ヘルズリー(STL 2022)

トレバー・ステファン(CLE 2022)

ベン・ジョイス(LAA 2023)

ケンリー・ジャンセン(BOS 2023)

スコット・マクガフ(ARI 2023)

イェニエル・カノ(BAL 2023)

フェリックス・バティスタ(BAL 2023)

ヘクター・ネリス(HOU 2023)

ジョシュ・ヘイダー(SD 2023)

【catcher】

アドリー・ラッチマン(BAL 2022)

ウィル・スミス(LAD 2022)

J.T.リアルミュート(PHI 2022)

パトリック・ベイリー(SF 2023)

アドリー・ラッチマン(BAL 2023)

ローガン・オホッピー(LAA 2023)

J.T.リアルミュート(PHI 2023)

【first baseman】

ジャスティン・ボーア(MIA 2017)

ユリ・グリエル(HOU 2021)

ライアン・マウントキャッスル(BAL 2022)

ピート・アロンソ(NYM 2022)

タイ・フランス(SEA 2022)

クリスチャン・エンカーナシオン=ストランド(CIN 2023)

マット・オルソン(ATL 2023)

フレディ・フリーマン(LAD 2023)

ノーラン・シャヌエル(LAA 2023)

【second baseman】

ナップ・ラジョイ(PHA 1901)

ホセ・ロペス(SEA 2009)

ヤンガービス・ソラーテ(SD 2017)

アンドレス・ヒメネス(CLE 2022)

ルイス・アラエス(MIN 2022)

ホセ・アルトゥーべ(HOU 2022)

【third baseman】

フィル・ネビン(SD 2001)

ジェフリー・マルテ(LAA 2016)

マニー・マチャド(SD 2022)

ホセ・ラミレス(CLE 2022)

ジョシュ・ヤン(TEX 2023)

ラファエル・デバース(BOS 2023)

【shortstop】

デレク・ジーター(NYY 2006)

フェルナンド・タティスJr.(SD 2021)

トレイ・ターナー(LAD 2022)

ダンズビー・スワンソン(ATL 2022)

ザンダー・ボガーツ(BOS 2022)

マット・マクレイン(CIN 2023)

エリー・デラクルーズ(CIN 2023)

ザック・ネト(LAA 2023)

金河成(SD 2023)

ガナー・ヘンダーソン(BAL 2023)

コーリー・シーガー(TEX 2023)

ボビー・ウィットJr.(KC 2023)

コール・ヤング(SEA傘下 2023)

【out fielder】

カール・ヤストレムスキー(BOS 1967)

イチロー(SEA 2004)

松井秀喜 (NYY 2004)

マット・マートン(CHC 2006)

青木宣親 (NYM 2017)

ウィル・マイヤーズ(SD 2022) 

ラーズ・ヌートバー(STL 2022)

ジェイク・マッカーシー(ARI 2022)

マイク・ヤストレムスキー(SF 2022)

ジャンカルロ・スタントン(NYY 2022)

ムーキー・ベッツ(LAD 2022)

アンソニー・サンタンダー(BAL 2022)

マイク・トラウト(LAA 2022)

ランディ・アロザレーナ(TB 2022)

トレント・グリシャム(SD 2022)

ルルデス・グリエルJr.(TOR 2022)

ジョーダン・ウォーカー(STL 2023)

吉田正尚(BOS 2023)

エステウリー・ルイーズ(OAK 2023)

コービン・キャロル(ARI 2023)

ケリー・カーペンター(DET 2023)

ロナルド・アクーニャJr.(ATL 2023)

ルイス・ロベルトJr.(CWS 2023)

ムーキー・ベッツ(LAD 2023)

フリオ・ロドリゲス(SEA 2023)

ブランドン・マーシュ(PHI 2023)

ラーズ・ヌートバー(STL 2023)

カイル・タッカー(HOU 2023)

マウリシオ・デュボーン(HOU 2023)

フアン・ソト(SD 2023)

コディ・ベリンジャー(CHC 2023)

ジャレッド・ケルニック(SEA 2023)

アーロン・ジャッジ(NYY 2023)

カイル・シュワーバー(PHI 2023)

大谷翔平(LAA 2023)

テオスカー・ヘルナンデス(SEA 2023)

ジョーダン・ウォーカー(STL 2023シーズン終了後)

マイク・トラウト(LAA 2023)

フェルナンド・タティスJr.(SD 2023)

ブライス・ハーパー(PHI 2023)

鈴木誠也(CHC 2023)

吉田正尚(BOS 2023シーズン終了後)

コール・ヤング(SEA傘下)【パワプロ2022】

コール・ダグラス・ヤング

シアトル・マリナーズ(2022〜)

SEA No.1プロスペクト

2023年成績*1 126試合 .277 11本 62打点 22盗塁

f:id:tenka-pawa:20240412152100j:image
f:id:tenka-pawa:20240412152046j:image
f:id:tenka-pawa:20240412152057j:image

パワナンバー:12900 52442 83794

マリナーズ傘下のヤング選手です。2024プロスペクトランキングでは球団内1位、メジャー全体でも35位にランクインした有望株。

2022年にドラフト1巡目(全体21位)で入団し、Rookie級とA級でプレー。2023年はA級、A⁺級と着実にステップアップしている。2024年は今のところAA級アーカンソー・トラベラーズに配属されているが、チーム状況や成績次第では今シーズン中のメジャー昇格もあるかもしれない。

選手としては高いコンタクト能力が売りのSS。昨年までのK%は15%前後と低く、BB%も同等の数字を記録するなど選球眼も良好。パワー不足や肩が強くないなど課題もあるが、まだまだ20歳と若いのでこれからの成長に期待。

  • 基礎能力

ミート D50:コンタクト能力が売りなのでミートは実績に比べてだいぶ高めに設定。

肩力 D56:肩は平均以下でSSよりも2Bが向いているとされている。

  • 特殊能力

チャンスメーカー:先頭打者としては打率.311を記録。

意外性:長打が打てない訳ではなく、A級では5本、A⁺級では6本の本塁打を記録。ハイライトで見たところ、試合後半の重要な局面での長打が目立っているので意外性を採用。

盗塁E:足はそこそこ早いと思うのだが、盗塁成功率は.688(32-22)と低め。他にも長打を打った際に三塁まで行こうとしてアウトになるなど走塁判断に課題が残る。

*1:A級,A⁺級

シアトル・マリナーズ更新(4/12)

f:id:tenka-pawa:20240412212229j:image

開幕して2週間経ちマリナーズのロースターもいくつか変更があったので更新しました。

パワナンバーは変更なしで、22800 90000 98363です。

加入選手

#49 タイソン・ミラー

f:id:tenka-pawa:20240412212351j:image

#59 ブレット・デゲウス

f:id:tenka-pawa:20240412212409j:image

以下の選手は現在マイナー契約ですが、独断と偏見で入れています。今後他にもこんな感じでマイナー契約の選手を入れるかもしれぬ。

#1 コール・ヤング

f:id:tenka-pawa:20240412212615j:image

#9 ブライアン・アンダーソン

f:id:tenka-pawa:20240412212607j:image

 

退団選手

#5 テイラー・トランメル

3/28 DFA→4/2ドジャースへ移籍

 

4/8にタイ・アドコック選手がDFAとなりましたが、マイナー契約したとも移籍したとも発表されていないのでとりあえず保留中です。

J.T.リアルミュート(PHI'23)【パワプロ2022】

ジェイコブ・テイラー・リアルミュート

フロリダ・マーリンズ/マイアミ・マーリンズ(2010〜2018)-フィラデルフィア・フィリーズ(2019〜)

逆風のJT

2023年成績 135試合 .252 20本 63打点 16盗塁

f:id:tenka-pawa:20240409212111j:image
f:id:tenka-pawa:20240409212115j:image
f:id:tenka-pawa:20240409212108j:image

パワナンバー:12700 92492 43670

フィリーズのリアルミュート選手です。

メジャーを代表する走攻守揃った捕手。中でもポップタイムは頭ひとつ抜けており、2018年から6年連続メジャートップを記録している。

しかし2023年から導入されたピッチクロックや牽制制限により球界全体の盗塁数が増加、その煽りを受け盗塁阻止率はレギュラー定着後ワーストの.221まで低下した。リアルミュート本人の盗塁数は増えておらず、上手くルール改正の波に乗れていない感がある。

打撃面も数字を下げタイトルには届かなかったがまだまだ30代前半。2024年はシルバースラッガー・ゴールドグラブ・ファーストチームの全受賞を期待したい。

  • 基礎能力

弾道 4:メジャー10年目で初めてフライがゴロを上回り、GB/FB=0.89を記録。打球の平均角度は16.6°でリーグ13位。

肩力 S95・守備力 A84:ポップタイム1.83sはメジャートップ。Arm・Exchangeのどちらもトップ10入りしており、身体能力・技術共に優れていることが窺える。

  • 特殊能力

走塁F:UZRは初めて平均を下回り-2.7。

キャッチャーE:フレーミング評価のrSZは-7を記録。rCERAとかも見たけどどう頑張ってもD以上にならなかった。一応長年正捕手を務めていることや、ここ数年は平均レベルだったことを加味してE。

 

お試しチーム更新

MLB選手お試しチームの選手を更新しました。

選手数が増えてきているので年度違いの選手は外しています。

パワナンバーは変わらず、ア:22700 50020 95686

ナ:22600 80000 95687 です。

 

アメリカン・リーグ

IN

前田健太(MIN'23)

ティム・ウェイクフィールド(BOS'09)

ヘクター・ネリス(HOU'23)

マリアノ・リベラ(NYY'13)

アドリー・ラッチマン(BAL'23)

ノーラン・シャヌエル(LAA'23)

ナップ・ラジョイ(PHA'01)

ラファエル・デバース(BOS'23)

ジェフリー・マルテ(LAA'16)

デレク・ジーター(NYY'06)

コリー・シーガー(TEX'23)

ボビー・ウィットJr.(KC'23)

テオスカー・ヘルナンデス(SEA'23)

マイク・トラウト(LAA'23)

吉田正尚(BOS'23シーズン終了後)

 

OUT

シェーン・マクラナハン(TB'22)

ブライス・ミラー(SEA'23序盤)

ローガン・ギルバート(SEA'22)

アドリー・ラッチマン(BAL'22)

マイク・トラウト(LAA'22)

吉田正尚(BOS'23序盤)

 

ナショナル・リーグ

IN

クレイトン・カーショウ(LAD'23)

ダルビッシュ有(SD'23)

千賀滉大(NYM'23)

オールド・ホス・ラドボーン(PRO'86)

ジョシュ・ヘイダー(SD'23)

ヤンガービス・ソラーテ(SD'17)

ブライス・ハーパー(PHI'23)

ジョーダン・ウォーカー(STL'23)

マット・マートン(CHC'06)

鈴木誠也(CHC'23)

 

OUT

千賀滉大(NYM'23序盤)

フェルナンド・タティスJr.(SD'22)

ラーズ・ヌートバー(STL'22)

ローガン・オホッピー(LAA'23)【パワプロ2022】

ローガン・オホッピー

フィラデルフィア・フィリーズ(2018〜2022)-ロサンゼルス・エンゼルス(2022〜)

荒削りな正捕手

2023年成績 51試合 .236 14本 29打点

f:id:tenka-pawa:20240405222733j:image
f:id:tenka-pawa:20240405222737j:image
f:id:tenka-pawa:20240405222729j:image

パワナンバー:12600 12431 66524

エンゼルスのオホッピー?オーハッピー?選手です。

2023年は球団史上最年少の開幕戦捕手としてスタート。正捕手としてマスクを被り続け16試合で.280 4本と結果を残していたが……。4月20日ヤンキース戦で負傷交代。その後左肩関節唇損傷と診断され、シーズン中の復帰は絶望視された。

しかし回復が早く、8月8日にはAAA級で実戦復帰、18日にはメジャー復帰を果たした。復帰当初は調子が上がらない時期が続いたが、9月に入ると調子が上向きに、月間9ホーマーと長打力を発揮した。

  • 基礎能力

走力 C68:sprint speedは27.9ft/sと意外と俊足。わかりやすく言うならヌートバーとほぼ同じくらい。

守備力 F38:盗塁阻止率.139(36-5)とほぼ盗塁を刺せていない。肩力自体は81.9mphと悪くないが、捕球〜送球までが遅く、Exchangeは0.75とメジャー最低レベル。

  • 特殊能力

プルヒッター:本塁打は10/14本がレフト方向。というかそもそも打球の56.3%がレフト方向。

ハイボールヒッター悪球打ち:7本塁打が高めのコース。またその内3本がゾーン外をしばいたもの。

キャッチャーE:rSZ -5とフレーミングの評価は低い。